読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

LOVE & PEACE!!!

ハッピーをお届けするライフマガジン

WEBデザイナーになる為の物語~第一章~ようやく見えてきたスタートライン

小説

悩み続けるYukarin。そこに現れた救世主「A先輩」。全てはA先輩の声かけから始まった・・・。

☆前回のおさらい☆

WEBデザイナーになる為の物語~プロローグ~思いつくままに

 

f:id:love-musicflavor0928:20150414013652p:plain

 

Yukarin:アウトプット??

A先輩:そうだ、インプットしたものは放置せず、アウトプットしないと覚えていかないからな。

 

Yukarin:うっ、・・・確かに。A先輩の言う通り・・・。

A先輩:だからさぁ、いっくら悩んでも仕方ないんだよなぁ。しかもおまえさぁ。。。さっきから、めっさ怖い顔してるで~!!!くっらぁ~~~!!!っ

 

Yukarin:えっ?それはマジですか!?自分では、真剣な顔のつもりだったのに・・・

A先輩:なんか、この世の終わり。みたいなね。そんな雰囲気が漂ってる訳よ・・・。しかもその真剣な顔ってのがさぁ、世の中的に言うと真面目くさって暗い印象に見られるんじゃない?

 

Yukarin:それは、言われて初めて気が付いた。。。

A先輩:あ~あ~、また更にどん底みたいな表情に・・・。おまえさあ、少しくらいは笑顔が出来んわけ??夢を追いかけている人の顔じゃねーわ、そりゃwとりあえず今すぐ笑顔作ってみ?

 

Yukarin:にこっ(口角上げる)

A先輩:いいやん!!その調子!!(笑)やればできる!!で、さっそく本題なんだけどさぁ。まずはゴールから見て、その道をどう歩いていくか?考えた事はあるか?

 

Yukarin:んーーーっ・・・ないです。ただ「Webデザイナー」っていうもの凄く大きな、そして遠い存在に対して、いったいどうしたらいいのだ!!と、圧巻されるばかりで・・・

A先輩:はぁ~~~、おまえどんなけ弱虫なんだか・・・「どんなけ~!!」・・・

 

Yukarin:せ、先輩それはもう古いギャグ。今は誰も使っていないギャグっす!!(泣)

A先輩:エホンっ。ま、まぁそんな事はどうでもいいや。とにかくだな、ゴールをまず確認しろ、という話だ。

 

Yukarin:ゴールを確認??

A先輩:そうだ。ゴールだ。おまえにとってのゴールはその「なんちゃらデザイナー」ってやつだろ?その職業に就いたら何が出来ないといけない?どんなスキルが必要になる?を、具体的に詰めていく。

 

Yukarin:先輩、「Web(うぇぶ)デザイナー」ね・・・・。

A先輩:あ~、あ~ごめん。この歳になるとな、すぐに単語が出てこないのよ。あはははは・・・・って!話を止めるでない!!

 

Yukarin:ご、ごめんなさい。

A先輩:ま、良しとしよう。で、本題な(さっきから何度言わせるんだw)とりあえずだなぁ、その職業になるため・・・ってゆーか、そもそも仕事として今のおまえの技量で成り立つのか?ってのが重要だと思う訳。おまえもそう思わんか?

 

Yukarin:んーーーっ確かに

A先輩:今度はやけに素直だな・・・(ぶつぶつぶつ)だからな、「なんちゃらデザイナー」について右も左も分からないおまえの事を誰が(会社)採用してくれるんか?ちゅー話よ、要はさっ

 

Yukarin:そ、そーですよね。とっても現実的(笑)

A先輩:おまえはアホかっ!(笑)始めから、現実の話をしてんのや!!だからさ、その技量を磨く為の手段として、「独学で勉強する」のか?「スクールに通って勉強する」のか?そのそういう選択肢ちゅーもんが、自然と出てくるでしょ?普通は。

 

Yukarin:なるほどですね~。そういう選択肢があるっていう事すら、思い浮かばなかった。

A先輩:だしょ?だから、おまえはどうしたい訳?

 

 

ようやく見えてきた「Webデザイナー」になるためのスタートライン。果たして、Yukarinの運命は???この続きはまた次回!!お楽しみに!!!(笑)

私がWEBデザイナーを目指すきっかけとなったWEBサイト

akki-web.com

 あっきー師匠の名言「たいていの事は、なんとかなるです!そうです!今、やっている事が次に繋がっていきますよー!!がむばってください!!」

ふとした瞬間、師匠の言葉を思い出します!!!いつもありがとう!!(感謝)

 

続編を書きました

www.love-wd-yuka.com