読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

LOVE & PEACE!!!

ハッピーをお届けするライフマガジン

今週のお題にチャレンジ!「子供の頃に欲しかったもの」

お題

今週のお題特別編「子供の頃に欲しかったもの」
〈春のブログキャンペーン 第3週〉

 

今回はお題に沿っているので、いつものwebデザインとは全く関係のない内容ですm(_ _)mご了承下さいませ〜

 

 

「子供の頃に欲しかったものは?」

f:id:love-musicflavor0928:20150419001847j:plain

う〜ん、よく考えてみたら特になかったなぁ。物質的な物ではない気がするんだよなぁ。「笑顔」かなぁ?今だから、思えるんですよね。当時は笑顔なんて別に無くてもいいって諦めの気持ちしかなかったので。

子供の頃の写真(特に、小・中学)を見ると、どれも無表情なんですよね。笑顔が自然に作れない子供でした。家でも、親戚の人達が来るのを見計らって別の部屋に逃げたりってのはよくやっていました。とにかく引っ込み思案!無表情な上に、目が細いので余計に根暗に見えてしまうという(笑)笑顔がなかったから、目が細くなったのかも?

今では考えられませんが、人見知りで全くしゃべらない子供でしたね。だから、周りにいる人達を見て「笑顔がいいなぁ。」とか、「どうしたらあんなに明るくなれるのかなぁ?」と、ずっと憧れていたんでしょうかねぇ。

 

高校デビュー

高校デビューって程でもないですが、高校の2年?の時に出会った先輩の影響は凄かったです。1年上で3年生の先輩だったのですが、それはもう私の欲しいもの全てを持っている憧れの先輩でした。

ダンスが上手、歌も上手い。ついでに絵を描くのも得意。パーフェクトな先輩でした。そんな先輩から、「演劇部に入らない?」と知り合いずてでお誘いの声が掛けられたのです。「まずは練習風景見てよ」と体育館に行くと、先輩方がセリフを言って演技している姿と、憧れの先輩のダンスも見せてもらったのです。

その時思いました。「これは入部するしかない!」そう心に決めて、2年の後期くらいから遅いデビューでしたが演劇デビューしたのです。

その頃からです。表現する事の楽しさを知ったのは。セリフを覚えるのは超苦手で嫌だったけど、とにかく舞台に立って表現する事が楽しくて×2(笑)先輩達とその仲間とふれあう事で自然に笑顔を作れるようになっていったのかもしれません。役になりきって、友達と意味も無く会話するというねw

その後の自分

高校の時は、特にやりたい事もなかったので普通に就職しました。それから、様々な職種を経験してきて最終的に長くやっていきた職は「販売のお仕事」でした。(13年の内8年くらい)

子供の頃に笑顔が作れなかった私でしたが、いまは普通に販売が楽しくて仕方が無い。時には変なお客様もいらっしゃるので、全てが楽しい!という訳ではないですが・・・(ここだけの話)

その一瞬の喜びの為にこの仕事を長く続けて来られました。

お客様の「ありがとう!」や「助かったわ!」という言葉を頂けると嬉しくてつい笑顔になってしまう。そんな自然に笑顔を作れる自分になったのだと。

今思えばちょっと不思議ですけど、目の前の事をただひたすら一生懸命にやってきた甲斐があったのかな?と思いました。

朝ドラ「まれ」の口癖ではないですけど、「まじめにコツコツ・・・」これに尽きますね!!(笑)もちろん、毎回見ていますよ! 

とはいえ、笑顔じゃなく「怒り」の表情もまれにありますよ?人間完璧じゃあないですからね(にっこり)喜怒哀楽ね!(笑)

 

そんな自分の「子供の頃に欲しかったもの」でした。

それではまたお会いしましょう♪  Yuka

 

今週のお題特別編「子供の頃に欲しかったもの」
〈春のブログキャンペーン 第3週〉