読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

LOVE & PEACE!!!

ハッピーをお届けするライフマガジン

【音楽】 #私を構成する9枚のCD

エンタメ

 

ok723.hatenablog.com

  たっつんさんの記事を読みまして「私も書いてみたい~!」ってなって、ようやく重い腰を上げたところです(笑)→もう既に乗り遅れている模様orzいまさら〜って感じですが、どうぞ見てやってくださいw

9枚って、選びきれない!ってのが本音ですが、なんとか9枚に絞る事が出来ましたぁ。選びたいのに、選べないってのがもどかしい。音楽好きな自分にとっては、なんとももどかしいところですわ。

余談はこれくらいにしておいて、いってみましょう~♪

 

f:id:love-musicflavor0928:20160318003507p:plain

selecta9 #私を構成する9枚

1,Dir en grey - [GAUZE]

 DIR EN GREYは、日本のロックバンド。1997年に大阪府で結成。

GAUZE

GAUZE

 

 ディルアングレイは、私の中学生・高校時代の青春そのもの。同じクラスに大のビジュアル系BAND(以下V系)好きが居て、その娘と仲良くなったが最後。その時から、ずぶずぶとV系バンドにはまってゆくのだった。学校の休み時間は、V系の雑誌を広げながら、ライブに行っただの、TV番組出てただの、のお話が炸裂する。

そして私もV系バンドのライブデビューする。V系バンドには色々な種類があって、プラスティックトゥリーみたいに、ゆる~い感じのものから、ディルの様に相当グロいものまで。ディルのライブには2回程、参戦したのだが、ヘドバン(音楽に合わせて頭を上下に振る例のアレです)、ダイブ(アーティストが客席に向かって、飛んだり、客がステージ目掛けて飛んだりするパフォーマンス)そして窒息(笑)この3拍子が揃っていたので、流石の私もライブでダウンしてしまっていた。

今回、紹介したアルバム「GAUZE」はメジャー1作目。PVも発売されたんですが、その残酷な映像はまさにV系の境地と言えます。テープがちぎれるかと思うくらいに、何度も何度もPVを見続けていました。ボーカルの京様はかっこ良過ぎでしたwアルバムの中で好きなのは「アクロの丘」「Cage」「予感」の3曲。

Dir en Grey/アクロの丘 - YouTube

2,サガフロンティア2 - [オリジナルサウンドトラック]

サガ フロンティア2 はスクウェアより1999年4月1日に発売されたPlayStation用ソフト。シリーズ最後のPlayStation版である。 

SaGa Frontier2 Original Soundtrack

SaGa Frontier2 Original Soundtrack

  • アーティスト: ゲーム・ミュージック,浜渦正志
  • 出版社/メーカー: スクウェア・エニックス
  • 発売日: 2006/02/01
  • メディア: CD
  • 購入: 5人 クリック: 41回
  • この商品を含むブログ (18件) を見る
 

 先日ゲームのお話をして通り、サガ系が大好きなわたくし。そしてこのサウンドトラックは購入する程に好きだった。高校生の時は女子高だった事もあって、マニアックな友達は多かったんです。ゲームのサントラ、漫画、小説の貸し借りは日常茶飯事に行われていました(笑)

この曲を聞いているだけでも、充分ゲームをやった気分になれるんですよねぇ。それだけゲームのサントラって影響力が強い。今までのサガのイメージって、スーパーファミコンのピコピコした音源。いわゆるドット絵のゲームっぽい音のイメージだったんだけど、サガフロンティアからはプレステになったので、ストーリーも違うし、もちろんBGMの雰囲気も違います。

ちなみに作者詳細は、ロマサガ・サガフロ→伊藤賢治さん、サガフロ2→浜渦正志さん。サガフロ2から、作者が違うんですよねぇ。

SaGa Frontier 2 - Soundtrack (PSF) - YouTube

 

3,森山 直太郎 - [さくら]

 森山 直太朗は、日本のシンガーソングライター、作詞家、作曲家。名前の由来は素「直」で「太」く「朗」らかから。セツナインターナショナル所属。 東京都出身。成城学園高等学校、成城大学卒。 大学在学中から、吉祥寺の井の頭公園などでギターを抱えて歌うようになる。

さくら

さくら

 

 地元の観光地にライブに来ていたので、見に行ったのがきっかけで好きになりました。確か入館料だけで、ライブ自体は無料でした。最近ではバラエティよりの直太郎さんですが、この頃はファンの心を掴む為、清純派なイメージが強かったですね。デビューしたての頃って、やっぱりそうなのかなぁ?アーティストってそういう変化を見ていくのも楽しいですよね。その時その時で、楽曲の雰囲気も全然変わってくるから。そういうのが、歌や曲のエナジーになっていくのかなぁと思います。

森山直太朗 - さくら(独唱) - YouTube

 

4,DA PUMP - [Expression]

 DA PUMPは、日本のヒップホップダンスボーカルユニット。所属事務所はライジングプロダクション。所属レーベルはSONIC GROOVE。初期メンバーは全員沖縄県および沖縄アクターズスクール出身である。

EXPRESSION

EXPRESSION

 

 DA PUMPには色々と思い出がありすぎて...orz芸能人で初めてファンクラブに入会した、グループです。(数多くのファンクラブに入会していた私w)ちょうど同じ時期に学校の同級生もファンクラブに入ってて、名古屋のライブに行ったら鉢合わせになったというwあの時はびっくりしましたよ。ISSAファンは多かったけど、私はYUKINARIで友達はSHINOBUのファンでした。あれ?KENさんがいない(笑)KENさんはお笑い担当なのでいいのです。

長野でライブがあった時なんて、冬でめっちゃ寒くて山の方だから、大雪で帰りの電車止まっちゃったんです。それで駅のホームで何時間も待ちを食らいましてね。無事に帰る事が出来たんですが、あの時は本当に寒かった!!いい思い出になりました。

DA PUMP Stay together [PV] - YouTube

 

5,エレファント・カシマシ - [good morning]

 エレファントカシマシは、日本のロックバンド。1981年結成。

good morning

good morning

 

しゃがれた声、ストレートな歌詞が特徴のエレカシ。「good morning」というアルバムの5曲目に収録されている「武蔵野」。とくにこの曲は好きです。エレカシのいつものイメージと違うので、あまり戦ってない感じが良い(笑)戦ってるのは「ガストロンジャー」1年間くらいですが、ファンクラブにも入ってました。その時のファンクラブ通信?の入会プレゼントが「象さんのキーホルダー」だったのには笑いました。

私がエレカシにハマったのは「HEY!HEY!HEY!」からです。ダウンタウンに突っ込みされまくる、ボーカル宮本さんが面白すぎて、一瞬で心を掴まれましたね。トークも面白いし(髪の毛をぐしゃぐしゃにするパフォーマンスも最高)曲を聞いたら純粋で、素敵だなぁともっともっとハマりました。このアルバムはいい曲ばっかりなので、特にオススメします。

武蔵野 / エレファントカシマシ - YouTube

 

6,浜崎あゆみ - [evolution]

浜崎 あゆみは、日本の女性歌手。かつては女優、モデルとしても活動していた。本名は濱﨑 歩。愛称はあゆ、ayu。公式の英語表記はayumi hamasakiであり作詞のクレジットとしてオリジナル曲の多くに用いられている。ロゴマークのAは本人のイニシャルを組み合わせたもの。福岡県福岡市出身。 

evolution

evolution

 

はまあゆは、周りがみんな聞いてたんで、もう聞きまくってたし、カラオケでも歌いまくり(でもキーが高いから、声出ない。キー音を変更してたかも)とくにこの「evolution」は早口なのでノリノリで歌えます。盛り上がりますねぇ♪早口(ラップ)とかにハマってた時期でもありました。とにかくカラオケで披露出来るように、練習しまくる!友達しか聞いてないけどね(汗) 

はまあゆで好きなのは「Love〜Destiny〜」「trust」「you」の3曲。デビュー当時のが多い。

浜崎あゆみ / evolution - YouTube

 

7,青山テルマ feat.SoulJa - [そばにいるね]

 青山 テルマは、日本の女性歌手。奈良県大和高田市出身。2012年3月26日、上智大学国際教養学部卒業。

そばにいるね 青山テルマ feat.SoulJa

そばにいるね 青山テルマ feat.SoulJa

 

青山テルマさんも、カラオケの定番曲でしたね〜。SoulJaさんとのデュエットも良い感じ。そばにいるね、すごくブームになりましたよね。あまりエピソードがないので、この辺で(笑)  本当にいい曲!!

青山テルマ feat.SoulJa / そばにいるね - YouTube

 

8,リップスライム - [楽園ベイベー] 

RIP SLYMEは、4MC+1DJで構成される日本のヒップホップグループ。所属事務所は田辺エージェンシー。所属レコード会社はワーナーミュージック・ジャパン。 

楽園ベイベー

楽園ベイベー

 

 この頃は本当にヒップホップにハマってましたね。日本のヒップホップばっかりですが。楽園ベイベーは、夏を感じさせる1曲。リップスライムのラップは歌いやすくて好きです。声も良いんですよね〜。この曲は何度も聞いて練習してましたよ〜。ちなみに兄貴がヒップホップ大好きなんで、レンタルCDはそういうのばっかりでした。「ZEEBRE」とかね。レンタルしてきたものは、自分の分も録音させてもらってました。色々と、ありがとよ〜(笑)

RIP SLYME - 楽園ベイベー - YouTube

 

9,ノーマンブラウン - [Just Between Us]

 ノーマン・ブラウンはアメリカミズーリ州・カンザスシティ出身のスムーズ・ジャズ界で活躍しているギタリスト。

ジャスト・ビトウィーン・アス

ジャスト・ビトウィーン・アス

  • アーティスト: ノーマン・ブラウン
  • 出版社/メーカー: ユニバーサル ミュージック クラシック
  • 発売日: 2005/11/02
  • メディア: CD
  • この商品を含むブログを見る
 

 ハマりにハマってしまったギタリストのノーマンブラウンです。彼の楽曲はとにかくオシャレでかっこいい!一度聞いたら、忘れられない印象派だと思います。サックス奏者の小林香織さんがオススメされていたアーティストの一人だったんで、今ではかなりのお気に入りに♪楽曲のほとんどが、愛をささやくようなタイトルばっかりで(笑)個人的には恋するノーマンと呼んでしまうくらいです。「Love」や「You」がたくさん入ってます。

「Just Between Us」のアルバムの中でもっともかっこいい曲が「east meets west」って曲なのです。勢いにまかせて、ラストまで一気に聞いてしまいます。1曲目に収録されている「Stormin'」もかっこいいし、「Love's Holiday」も夏のビーチにはぴったりの夏っぽさ全開の曲です。

NORMAN BROWN- east meets west - YouTube

 

音楽ブログ紹介

ちょいと宣伝させて!!(笑)音楽ブログやってますのよ!!((●>ω<)っ)))・ω・*)

↓サイトの雰囲気はこんなんです↓やっとグローバルナビ作りました(笑)

f:id:love-musicflavor0928:20160318005858p:plain

 

love.music-magazin.com

インストゥルメンタルばっかりだと、マニアック過ぎて飽きてしまうので、最近は曜日別にオススメの1曲を紹介してます。月曜:邦楽、木曜:洋楽、 土曜:Jazz、その他はインストゥルメンタルをランダムに紹介!(毎晩8時頃更新中!)マニアックな音楽ブログですが、お陰様で読者様も80名突破しました!!登録して下さった皆さま、ありがとうございます。

J-POP カテゴリーの記事一覧

洋楽 カテゴリーの記事一覧

Instrumental カテゴリーの記事一覧

という事で宣伝は終わり〜(^^; 

まとめ

いかがでしたでしょうか?青春時代に聞いていたものばかりですが、こうして選ぼうとすると全然思い浮かばない(笑)記憶を辿って、出してみました。ほとんど邦楽だけど、ジャンルは見事にバラバラですね。V系バンドから始まり、J-POPやロック、ヒップホップに至るまで、色々聞いてました。

最後の9枚目は、最近聞き始めたのも入れてみました。最終的にはインストミュージックにたどり着きましたが、色々なジャンルを聞いた経路があったんだ〜と改めて音楽の歴史を確認する事が出来て、楽しかったです。まだやってない方は、バトンをお渡ししますので、是非やってみてくださいね。それではまた〜音楽が大好きな、ゆかりんがお届けしました〜♪((●>ω<)っ)))・ω・*)