Love&Peace

ハッピーをお届けするライフマガジン

U.S.A.で完全復活!DAPUMPの魅力に迫ります!!

 

DA PUMP U.S.A

 

実はわたし・・・

 

DA PUMPがデビューした時から熱狂的なファンだったんです〜〜〜!!

(もったいぶってこれかよw)

て、ことでDA PUMP復活おめでとう!!&めちゃ嬉しい〜!!(と、心の叫びw)今日はそんな再熱の彼らにスポットを当てて、書いて行きたいと思いま〜す(´>∀<`)ゝ))エヘヘ

 

あ、私がDA PUMPのファンだったと社内で話したら「そんなん初耳&意外〜w」と軽く笑われました〜(痛)まぁいいさ、というかそんな昔話をする機会すらないしね。

 

 

まずはU.S.Aを聞いてみましょう。

まずはコレ!みんなが知ってるU.S.Aを聞いてくれ!!w

https://www.youtube.com/watch?v=sr--GVIoluU

これを聞いてテンションあげてから読んでくださいねぇw再生回数1億越え!!すごい〜〜!!ウェーブきてますねっ☆

 

 続いてデビュー曲!すべての始まりはここから!

DA PUMPの魅力を伝えるために、まずはデビュー曲から紹介しよう!PV貼るから見てってね〜

DA PUMP/Feelin'Good-It PARADISE

https://www.youtube.com/watch?v=4Br0tqd5PcA

 

とても初々しい彼ら・・・!そしてデビュー当時はメンバーがISSA以外は違う。当時のメンバーはISSA、KEN、YUKINARI、SHINOBUの4人でした。すべてはここからステートしたのです。

 

ダウンタウンとの絡みで話題を呼んだ。テレビ番組ではひっぱりだこ

当時話題になったのがダウンタウンが司会の「HEI×3!ミュージックチャンプ」にデビューしたてでいきなり出演したことでした。そしてそのトークのいじられ方が半端なかった!(笑)特に面白かったのがKENの天然ぽいキャラクター。浜ちゃんにわざとはたかれに行ってたのを今でも強烈に思い出しますw

DA PUMP 免許試験に8回落ちる! - YouTube

 

その他にもTVで見ない日はない、というくらいひっぱりだこの状態でした。紅白歌合戦では1998年に初出場以来、5回連続で出演するなど数々の伝説を残しています。 

 

 

実は光浦靖子さんと深夜番組をやっていた!!

そういえばDA PUMPがレギュラーのテレビ番組が深夜にやっていましたが、光浦靖子さんと一緒に番組出演していたんですよ(笑)それも毎週ばっちり録画していましたw熱狂的やな。 「くえない奴」ってのもやってたけど、全部面白かった気がしますw色々な芸能人と共演してたんですよw

 

DA!DA!DA!PUMPという名の深夜番組です

これな!↓

DA!DA!DA!PUMP - Wikipedia

 この番組結構面白かったんですよ〜。唯一素の彼らを垣間見ることができる番組でしたねぇ。ほんま、懐かしいわ。

 

テレビ番組もかなりチェックしていて、ほぼほぼ見ていたな〜。あの頃の情報源ってファンクラブの会報だったり、新聞のTV欄チェックしたり結構大変だったんだけどね。ネットもそんなに普及してなかったから。あとは私の周りにもファンがいたから、友達と情報交換もしていた記憶があります。特に待ち合わせはしてなかったんだけど、ライブ会場でばったり会うなんてのもザラでしたねw

 

DA PUMPを好きになったきっかけは?

そんな彼らを好きになったきっかけは驚異のヒット曲「ごきげんだぜ!」を発売した当時のことでした。元々はm.c.A・Tの持ち歌なのですが、PUMPが歌うとそのカッコよさは半端ないです!!

https://www.youtube.com/watch?v=YLKIENnW30w

とにかくラップがかっこいい!今でもカラオケで完璧に歌えるくらい練習していました(笑)

ちなみに一番売れているシングル曲は「if…」らしいのですが、私の中ではちょっと意外でした。この時のISSAは白髪ですよね〜。Gackt並に似合ってるわ!下手したら、おじいちゃんになちゃうもんねw売れっ子ピーク時かな?

https://www.youtube.com/watch?v=rpFUNMmKIlg

 

私のナンバーワンの1曲はこれです。

で、結局のところ私のナンバーワンの1曲はこれだーー!!!

Rhapsody in Blue!!とりあえず、聞いてみてね〜

https://www.youtube.com/watch?v=7BmeVRAVa-Y

何がいいって、まずはキレッキレのダンス!かっこいいよね〜、それに爽やかな青いスーツ!ISSAもパーマかけて輝いている時期!みんなキラキラしてるよ〜〜☆このPVが好きなんで、何度この映像を見たことか。。。ビデオテープをせっせと巻き戻しして、なんども何度もみました(笑)時代を感じるなぁ。たぶん今時の子はビデオテープすら見たことないんだよねwww

 

ライブの思い出。

ここでライブに行った思い出を語ろう。ライブには5回くらいは行ってるので、ほとんどのツアーを制覇しているwうろ覚えだけど^^;名古屋や長野県の方まで行ったな〜。ファンクラブに入っていたので、結構アリーナ席とかのチケット取れてたんですよ!たぶんファンクラブ入ってないと厳しそうな感じだったかな?

 

ダンスユニットなのでライブはかなり盛り上がりますね〜!!振り付けも覚えていってみんなで真似したりw長野にいった時は電車だったのですが、帰りに大雪が降ってきて電車止まっちゃったこともありましたよ〜。そしてDA PUMPのライブ帰りの人が駅構内でずっと待ってたという。そんな天候の時でもライブに行きたいくらい好きだったのかな〜って今は思います。

 

DA PUMPが再ブレークするまでの道のり。

最後に再ブレークするまでの道のりを引用という形で、載せておきます!

DA PUMPは、現状打破すべく2014年からショッピングモールでのツアーを敢行。小規模なステージであったことから、始めは”こんなところでやるの”と思ったというTOMOであったが、「実際お客さんに触れたり、反応を聞いたときに、どこでもいいじゃんって。俺らって歌って踊って表現して、お客さんが楽しく帰ってそういう気持ちになればいいかなって思ってたので。別にフィールドは関係ないなって」と心境に変化があったことを明かした。KIMIは「ISSAさんも辛いことたくさんあったと思う。そういうのを近くで自分たちは見ていて、なんとしてでもこの7人で絶対売れたいって気持ちがあった」とコメントし、YORIは「みんなの気持ちが一つになってDA PUMPでやるべきことが少し見えてきた。ここにいる意味がわかってきた」と、活動のなかで芽生えた思いを語った。

 またKENZOは「7人が進化することで、それがグループに絶対返ってくる。ISSAさんは歌上手い。僕らから提供できるものって俺の中ではダンスしかない。ISSAさんの歌声が光るように自分たちが全力で周りを固めたい」とISSAへの思いを明かした。

 ISSAは、再ブレイクしたことに対し「やっとこれで今の7人をちゃんと理解してもらえるんだっていうのが俺はうれしい」と述べ、今後のDA PUMPについて「真面目にふざけることを一生懸命考えて”何かあのチームっておもしろいよね”っていろんな意味で”おもしろいね”って言われるようなことを目指したいですし、やりきったら駄目だと思う。ギリギリのところを攻めていったほうがいい気がする」と言及した。

 DA PUMPといえば、デビュー当時からの変わらないISSAのハイトーンな歌唱力に注目が集まるのはもちろんのこと。だが、再ブレイクを果たしたのは、その歌声を支えていたメンバーの存在があってこそだ。あらゆるダンス世界大会で優勝を果たしたKENZOや、LAでダンス留学経験があるU-YEAH、小学生時代から全米のダンス大会で金賞を受賞していたDAICHIなど、DA PUMPには、ISSAの歌唱に引けを取らないパフォーマーが集結している。そして、彼らの”凄さ”というのは、それぞれが実力を持ちながらもISSAの魅力を華やかに引き立たせているところだろう。番組で披露された「ごきげんだぜっ!」、「if…」、「We can’t stop the music」や最新曲「U.S.A」には、DA PUMPのパフォーマーとしてのそんな底力を感じたのだ。

https://realsound.jp/2018/07/post-228325_2.html

引用元:

DA PUMP再ブレイクまでの道のりーーメンバーが『SONGS』で明かした“苦悩と決意”

この記事を読んでびっくりしたし、感動しました。こんなに苦労して再ブレイクを果たしたのだと。ショッピングモールで活動を再開するのは勇気がいるし、本気じゃないとできませんよね?やっぱりPUMPはすごいよ!改めて尊敬の眼差しです。(ファンの間ではパンプと呼んでいました!)

 

最後にまとめ。

まぁそんなこんなで、、、かなりファン歴は濃かったというwぶっちゃけ話でした〜!!みんなもDA PUMPの歴史を探ってみると新たな一面が見えるかもですよ?いかがですか??(笑)そしてこれを機会にDA PUMPを好きになってもいいですよ〜w

 

今年の年末の忘年会は、みんなでU.S.Aを踊るしかないなw

 

ではではこの辺で〜〜〜(*´ー`)ゞ

 

U.S.A.(CD+DVD)(初回生産限定盤A)

U.S.A.(CD+DVD)(初回生産限定盤A)

 

 

U.S.A.

U.S.A.

  • DA PUMP
  • J-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes